2008年05月19日

ノルバリン 改良型バリンでマッスルポンプ

改良型バリンのマッスルポンプは、海綿体への血流も改善するでしょう。その脅威のパワーは、ものすごい勃起パワーを呼び起こすでしょう。
もちろんパワフルなナイトライフが獲得出来ること間違い無しパンチ

Lノルバリン 200mg(改良型バリン、一酸化窒素【NO】サポーター)
アスリートの間で注目のNO(一酸化窒素)のパワーをサポートする改良型バリン

デカイ肉体づくりに必要なNO(一酸化窒素)生産の障壁を崩す、改良型アミノ酸!
阻害されがちなアルギニンのパワーを守って引き出す&アルギニンも一緒に摂れちゃう!
ベジタリアン仕様で安心のフォーミュラ

ボディビルダーをはじめ、強さやデカい肉体を求めるアスリートは、常にNO(一酸化窒素)を効率的に利用する方法を探しているといわれています。

Lノルバリン 200mg
その理由は、体内での一酸化窒素の増大がトレーニング後の「マッスルポンプ」や持久力、回復時間のサポートなどの恩恵をもたらすといわれているからです。またトレーニング中も、一酸化窒素が増えることで体の内側のめぐりをサポートし疲労の原因をスピーディに体外に送り出し、栄養を速やかに届けるとされています。このような役割から、より効率的な肉体づくりを行うことができるといわれているのです。  

NO生産を脅かす酵素は誰の体にもある!
私たちの体内には、NO(一酸化窒素)の生産をブロックしてしまうアルギナーゼと呼ばれる酵素が存在します。アルギナーゼはアルギニンと結びつくことで、アルギニンをオルニチンに変換させてしまいます。

NOとアルギニンには密接な関係があります。このアルギナーゼの活動をブロックすることが、マッスルビルドに欠かせないNO(一酸化窒素)を効率よく利用する近道だといわれています。




Lノルバリン 一酸化窒素サポーター
Lノルバリン 200mg(改良型バリン、一酸化窒素【NO】サポーター)
Lノルバリン 改良型バリン、一酸化窒素【NO】サポーター
Lノルバリン 改良型バリン、一酸化窒素【NO】サポーター
posted by 一酸化窒素 at 16:51 | TrackBack(1) | マッスルポンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97263185

この記事へのトラックバック

Lノルバリン 一酸化窒素【NO】サポーター
Excerpt: Lノルバリン 200mg(改良型バリン、一酸化窒素【NO】サポーター) アスリートの間で注目のNO(一酸化窒素)のパワーをサポートする改良型バリン デカイ肉体づくりに必要なNO(一酸化窒素)生産の障..
Weblog: サプリメント個人輸入応援サイト 後払いOK
Tracked: 2008-06-09 06:13
「勃起不全(ED)の仕組みと解決策」レポート無料プレゼント

■一酸化窒素とは 血管内でのNOの働きは、血管がつまらないように血流や血圧を調節して、動脈硬化を防いだり、血圧を下げたりします。心臓の冠動脈を広げて心筋細胞の収縮を制御して狭心症などの心臓病を防ぐ働きをします。
■海綿体への血流促進 一酸化窒素は陰茎の勃起でも働いており、男性機能も高めますパンチ

一酸化窒素の生物機能は1980年代において驚くべき発見として迎えられ、一酸化窒素は1992年の「サイエンス」誌で「今年の分子」として取り上げられた。1998年のノーベル生理学・医学賞は一酸化窒素のシグナル機能の発見によりF・ムラド、R・F・ファーチゴットとL・イグナロに授与されました。


アメリカの最新のサプリメント
サプリメント先進国アメリカから、最新のサプリメントを紹介してます。
■個人輸入がお勧め
円高の今だから個人輸入がお勧め!でも直接アメリカから自分でやるのに不安な人には、アメリカに支店がある日本語で購入出来るお店がお勧め。現地価格を円で購入出来て送料も安く済むので便利です。
■関税について
輸入には関税に注意が必要です。個人の小口輸入には関税がかかりませんので、そこのところをうまく利用しましょう。
安心後払い
銀行振込・コンビニ支払いも可能で、商品受け取ってからの後払いが選択出来るので、直接個人輸入するのが不安な人・クレジットカード決済が不安な人も購入出来ます。
勃起不全
勃起不全(ぼっきふぜん、英:Erectile Dysfunction; ED)は、「勃起機能障害」、「勃起障害」ともよばれる、男性の性機能障害(Sexual Dysfunction:SD)の一種であり、陰茎の勃起の発現あるいは維持のできないために満足に性交の行えない状態をいう[1]。
「インポテンツ」(独:Impotenz、略称:「インポ」)とも呼ばれるが、直訳すると「性的不能」となり、人格否定の響きがあり、「ED」と呼ばれるようになってきている。東洋医学では陽萎(ようい)と呼ばれる。
しばしばEDはSDと同一視されるが、SDは「性欲、勃起、性交、射精、オーガズムの一つでも欠けるか不十分なもの」[2]と定義されており、EDはSDの一つに過ぎない。
EDに悩む人は先進国において男性人口の1割を占めるといわれ、加齢に伴い増加傾向にあり、日本では40〜50代男性の半数がEDに悩んでいるという報告もある。一つには糖尿病、うつ病、高血圧の治療薬が原因になることもある。
先進国に多いことからも判るように、機能性EDの多くは、精神病やストレスなどの心因性で、交感神経の緊張により血管が収縮し、海綿体への血液流入が遮断されることによると考えられる。
EDの程度は軽症(たまに勃起できない)、中等度(勃起が充分でなく、時々性交ができない)、完全型(勃起しないため常に性交できない)に分かれる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。