2014年01月11日

玉ねぎ(ケルセチン)血流アップ

血流アップに効果的な玉ねぎ!
冷え性対策にも効果があり、男性にはもっと有意義な効果も

広島大学 再生医科学部門 東幸仁教授
「血管というのは1か月くらいで若返ることがわかってきました。他の臓器に比べて血管というのは、しっかりとしたケアをすれば非常に早く若返ることもわかってきました。
血管を若返らせた食材こそがタマネギなのです。広島大学の東教授によると、タマネギに含まれる“ケルセチン”が血管の機能を改善するのに大きな効果を発揮するというのです。

さらに花粉症などのアレルギー対策にも期待出来ます。



ケルセチン+ブロメライン 180粒(カプセル)
花粉の季節の元気をサポート!名コンビのケルセチン&パイナップルパワー!

ケルセチンはポリフェノールの一つ、フラボノイドに属する植物性物質です。タマネギやセロリ、リンゴなどに多く含まれています。
ケルセチンのように、野菜や果物に存在する栄養成分は種類が豊富です。それらは「フィトケミカル(ファイトケミカル)」と呼ばれ、健康維持に役立つ高い機能に注目が集まっています。

☆サラサラなめぐりで、体の基礎から若々しさをキープ! ケルセチンは、全身をかけめぐるブラッド管のメンテナンスを外側からと内側から守ります。

◎サビのダメージをはね飛ばして、ブラッド管しなやかメンテナンス
もちまえのアンチ活性酸素パワーで、栄養と酸素を全身に送る運搬通路となるブラッド管を若々しく保ち、めぐりの良い状態に導きます。

◎流れを邪魔するアブラを押し出す!
脂っこい食事やお酒の席が多い方は、コレステや脂肪などが気になりますよね。ケルセチンは、スムーズな流れを作りにくくする悪玉コレステにはたらきかけて、体内のサラサラ度を良好にキープし、生活習慣からくる体調不良を遠ざけます。

※アメリカからサプリを個人輸入するならiherb.comがお勧め
http://jp.iherb.com/Quercetin
ラベル:玉ねぎ 抗酸化
posted by 一酸化窒素 at 11:23 | TrackBack(0) | 抗酸化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
「勃起不全(ED)の仕組みと解決策」レポート無料プレゼント

■一酸化窒素とは 血管内でのNOの働きは、血管がつまらないように血流や血圧を調節して、動脈硬化を防いだり、血圧を下げたりします。心臓の冠動脈を広げて心筋細胞の収縮を制御して狭心症などの心臓病を防ぐ働きをします。
■海綿体への血流促進 一酸化窒素は陰茎の勃起でも働いており、男性機能も高めますパンチ

一酸化窒素の生物機能は1980年代において驚くべき発見として迎えられ、一酸化窒素は1992年の「サイエンス」誌で「今年の分子」として取り上げられた。1998年のノーベル生理学・医学賞は一酸化窒素のシグナル機能の発見によりF・ムラド、R・F・ファーチゴットとL・イグナロに授与されました。


アメリカの最新のサプリメント
サプリメント先進国アメリカから、最新のサプリメントを紹介してます。
■個人輸入がお勧め
円高の今だから個人輸入がお勧め!でも直接アメリカから自分でやるのに不安な人には、アメリカに支店がある日本語で購入出来るお店がお勧め。現地価格を円で購入出来て送料も安く済むので便利です。
■関税について
輸入には関税に注意が必要です。個人の小口輸入には関税がかかりませんので、そこのところをうまく利用しましょう。
安心後払い
銀行振込・コンビニ支払いも可能で、商品受け取ってからの後払いが選択出来るので、直接個人輸入するのが不安な人・クレジットカード決済が不安な人も購入出来ます。
勃起不全
勃起不全(ぼっきふぜん、英:Erectile Dysfunction; ED)は、「勃起機能障害」、「勃起障害」ともよばれる、男性の性機能障害(Sexual Dysfunction:SD)の一種であり、陰茎の勃起の発現あるいは維持のできないために満足に性交の行えない状態をいう[1]。
「インポテンツ」(独:Impotenz、略称:「インポ」)とも呼ばれるが、直訳すると「性的不能」となり、人格否定の響きがあり、「ED」と呼ばれるようになってきている。東洋医学では陽萎(ようい)と呼ばれる。
しばしばEDはSDと同一視されるが、SDは「性欲、勃起、性交、射精、オーガズムの一つでも欠けるか不十分なもの」[2]と定義されており、EDはSDの一つに過ぎない。
EDに悩む人は先進国において男性人口の1割を占めるといわれ、加齢に伴い増加傾向にあり、日本では40〜50代男性の半数がEDに悩んでいるという報告もある。一つには糖尿病、うつ病、高血圧の治療薬が原因になることもある。
先進国に多いことからも判るように、機能性EDの多くは、精神病やストレスなどの心因性で、交感神経の緊張により血管が収縮し、海綿体への血液流入が遮断されることによると考えられる。
EDの程度は軽症(たまに勃起できない)、中等度(勃起が充分でなく、時々性交ができない)、完全型(勃起しないため常に性交できない)に分かれる。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。